宅地建物取引士 国家試験対策

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s宅建士試験に合格するには、年によって変わりますが、おおむね50問中35問程度以上得点することが必要です。つまり、7割程度以上正解する実力を身につければよいことになります。試験範囲の全てを完璧に勉強する必要はなく、的を絞って効率よく学習することが重要です。

宅建試験の学習を始めるにあたり初めて法律を勉強する方からすると、民法などの法律論は非常に理解しづらい部分がございます。解説書などを買ったものの、理解が出来ずにそのままの状態で諦めてしまうことなどもよく聞きます。
また、宅建取引士の資格は、ポイントの整理・過去問の研究が非常に大きなウェイトを占めます。
千代田リーガルスクールでは、民法などの法律の解説・過去問・ポイントの整理に力をいれております。また、マンツーマン個別指導なので、必要な範囲を必要な分だけ学習することや、足りない知識を最短で取得することが出来ます。

toiawase-bana

コメントは受け付けていません。